FXの魅力の一つとして、レバレッジがあるんでしょう。このレバレッジというものは、直訳すると「てこ」のことで、FX(取扱い業者に証拠金を預けて、差金決済で通貨の売買を行う投資方法です)業者に取引保証金(証拠(明確なものがみつからないことも多いものです)金)を預けると、その金額以上の取引が出来ることを指します。どのくらいレバレッジをかけられるかはFX(売買の際の差益だけでなく、スワップポイントで利益を得られる可能性もあるでしょう)業者にもよりますが、規制前にくらべると、その倍率は低くなりましたよね。ただ、倍率が低くなったですが、25倍のレバレッジをかければ、10万円の資金で250万円分の取引が出来、しまうというわけです。手にできる利益が大きくなる分、損失も大きくなってしまうので、くれぐれも注意しなけれねなりませんね。FX(1998年の外国為替及び外国貿易法の改正などがきっかけでブームとなりました)初心者のうちは、あまり大きなレバレッジをかけない方が無難でしょう。預けた取引保証金がなくなるだけならいいですが、場合によると、それ以上の損失が出てしまう事も少なくないのです。レバレッジをかける時には、必ず損失を計算して、ご自身の投資予算の範囲内に収まるようにしておいて下さい。リスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問われますね)管理さえちゃんとすれば、レバレッジを上手く使用することで、短期間で効率良く資産運用(資産を貯蓄・投資して、増やすことをいいますが、失敗すると減ることになります)する事が出来ます。レバレッジの倍率を上げればそれだけだけ、差益はもちろん、スワップポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)の倍率も上がります。高いリスクを負うことで、ハイリターンを得る事が出来る可能性があるでしょう。一般的には、短期の取引ではレバレッジ倍率を高くして、相場が変動する可能性が高い長期の取引では低めにします。FX上級者の中には、レバレッジ倍率の上限でFX(Foreign eXchangeの略称で、日本語では外国為替証拠金取引と訳されています)業者を選択する方も多いはずです。日本のFX(1998年の外国為替法改正をきっかけに誕生し、ブームになりました)業者のレバレッジ倍率の上限は25倍ですから、それ以上のレバレッジをかけられる海外のFX(外国為替証拠金取引、通貨証拠金取引、外国為替保証金取引とも呼ねれています)業者を利用した方もいるそうですー